オンセミ,低線量X線撮像が可能なCCDを発売

オン・セミコンダクターは,低線量のX線でビデオ撮像を実現し,デジタルX線撮影における患者の安全性を向上する,新製品CCDイメージセンサー「KAF-09001」を発売した(製品ページ)。

この製品は,現行製品である「KAF-09000」と同じイメージング性能を備えているが,高感度ビデオモードをサポートした改良版の出力アーキテクチャを内蔵しているため,患者整位を容易にすると同時に過度なX線への暴露を最小限に抑える。

解像度は9メガピクセル,高い感度と低ノイズの12ミクロン(μm)ピクセルを備えている。新しいデバイスに組み込まれたクワッド出力設計は,最大20MHzの読み出し速度をサポートしており,3×3ビニングで動作時に,フル解像度フレームレートの10倍および 最大毎秒10フレーム(fps)のビデオプレビューを実現する。

この製品は,CuW冷却板を内蔵したRoHS対応CERDIPパッケージで標準およびエンジニアリ
グ・グレードが提供されている。気密封止型とガラス封止型のコンフィギュレーションで,モノクローム・スペクトル感度のデバイスが提供されている。

その他関連ニュース

  • 理研,水のナノメートル空間の相互作用を発見 2021年07月21日
  • 東北大ら,BCDIで合金触媒粒子内の歪を可視化 2021年07月13日
  • 熊本大ら,XMCDのベイズ分光の元スペクトルを再現 2021年07月09日
  • 東北大ら,電池材料粒子内部を高精細に可視化 2021年07月01日
  • 理研ら,軟X線顕微分光で接着界面の因子を可視化 2021年06月30日
  • 広島大ら,熱膨張ゼロのインバー効果の起源を解明 2021年06月22日
  • JASRI,X線回折像から繊維の3次元微細構造を復元 2021年06月16日
  • 日立建機ら,歯車の再利用可否をX線で判定 2021年05月24日