オスラム,顔認識用赤外LEDをラインナップ

オスラム オプトセミコンダクターズは,顔認証に特化した設計の生体認証セキュリティ向け「Oslux」ファミリーを拡大する(ニュースリリース)。

顔認証は高度な生体認証のセキュリティ方式とされている。このシステムはユーザーの顔を記録し,顔の表情と無関係に特徴を検知する。しかし,これらの特徴を高精度かつ確実に認証するには,ソフトウェアに高品質な画像が求められる。つまり,顔を明るくかつ均一で影無しに照射すること,さまざまな照射条件下で機能する必要がある。

今回開発した赤外LEDは,低背型設計にも関わらず,狭角放射を可能にし。この角度は生成された光を照明が必要なポイントに正確に照射する。技術的には,内部リフレクタと特別に改良された内蔵レンズに基づいており,コンポーネント表面はフラットとなっている。

「SFH 4796S」は顔認証システムに最適な放射角±40°を持つ。内部リフレクタおよびレンズにより,この赤外LEDは極めて均一な顔への照射を実現している。ナノスタック技術採用の高効率チップがベースになっており,駆動電流1A時の光出力は800mW で,顔認証用途に充分な照射を確実にしてる。

放射強度は550mW/sr。コンポーネントの高さは1.4mm,フットプリントのサイズは3.5×3.5mm2。波長850nmの光はユーザーには眩しくなく,弱い赤色発光として認識されるのみで,顔認証機能が動作していることが判る。カメラセンサーの感度は,このスペクトル域では依然として良好だとしている。

その他関連ニュース

  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 光響,IRセンサーカードを発売 2021年08月30日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日
  • G-Smattら,可視光LEDによるコロナ不活化を確認 2021年06月23日
  • 京産大ら,近赤外吸収線カタログを作成し元素測定 2021年05月27日