オリンパス社員,プリズム加工で黄綬褒章受章

オリンパスのグループ会社である長野オリンパスの社員,原和一氏は平成28年度秋の褒章において,「ノマルスキープリズムの加工法の確立」により黄綬褒章を受章することになった(ニュースリリース)。伝達式は11月15日に行なわれる予定。

黄綬褒章は,農業,商業,工業等の業務に精励し,他の模範となるような技術や事績を有する個人に授与される。原氏は約40年間,顕微鏡・医療用内視鏡の微小特殊プリズムの立上げ・加工に携わってきた。特に高精度で加工を行なう,無色透明なサンプルや表面の凹凸を立体的に見せる微分干渉観察に使用するプリズムである「ノマルスキープリズム」の加工法が評価され,今回の受章となった。

原氏は,1989年に国家技能検定 光学ガラス研磨1級,2003年 国家技能検定 光学機器製造特級,2011年 現代の名工(厚生労働省卓越した技能者表彰)を受賞しており,現在はその技能をベースに技能者を育成し,プリズムの加工技術の向上に貢献しているという。

その他関連ニュース

  • 京大谷口氏,「第5回晝馬輝夫 光科学賞」を受賞 2023年01月31日
  • 日本国際賞,光技術で東北大中沢氏ら4氏が選出 2023年01月25日
  • 慶大寺川教授,2023年度SPIEフェローに選出 2023年01月17日
  • 第38回櫻井健二郎氏記念賞,九大安達氏が受賞 2023年01月11日
  • 島津と東北大,高速度ビデオカメラで井上春成賞受賞 2022年11月01日
  • クラリベイト引用栄誉賞,物理はNIMS研究者が受賞 2022年09月26日
  • ブイテク子会社ら,センサーで丹羽高柳賞を受賞 2022年06月21日
  • コニカミノルタ,MI/PIによる蛍光粒子開発で受賞 2022年06月14日