ams,48MグローバルシャッターCMOSを発売

オーストリアamsグループのベルギーCMOSISは,業界初となる48Mピクセル グローバルシャッターCMOSイメージセンサー「CMV50000」を発表した(ニュースリリース)。

この製品は,ピクセルサイズ4.6µmで解像度7920×6002のミディアムフォーマット48Mピクセルのセンサー。ノイズを減らし優れた電子シャッター効率を得るために,特許取得済みの8トランジスタピクセルアーキテクチャーを使用している。グローバルシャッターにより,動きの速い被写体を歪みなくとらえることができる。

このピクセルデザインにより,最大の解像度では64dB,サブサンプリングした4kモードでは最大68dBのダイナミックレンジを出力するので,黒レベルクランプなどの最新のオンチップ・ノイズリダクション回路を実装することで,光量が少ない状態でも高画質な画像を撮影することができる。

このセンサーは最大解像度またはピクセルビニングで4kモードにした12ビットのピクセル深度を持つ高速30フレーム/秒でのオペレーション,および4k解像度のピクセル・サブサンプリングで最大60フレーム/秒でのオペレーションを行なうので,高速のマシンビジョンシステムやテレビ放送,ビデオカメラでの使用に適しているという。

また,自動光学検査装置(AOI)および携帯電話やタブレット,ノートパソコン,テレビのディスプレー検査装置など,工場のオートメーションアプリケーションに求められる大きな表面積での詳細な表示が可能。高速フレームレートと高解像度の組み合わせによって,民生製品組立工場のスループット率をより一層向上させることができる。

奇数および偶数行の二重露光機能によって,ハイダイナミックレンジ(HDR)モードをサポート。マルチタップCCDイメージセンサーに求められる複雑なアナログ出力マッチングを必要とせずに,最大動作速度での高画質を実現すると同時に,カメラの開発期間を大幅に削減する。

この製品のモノクロバージョンは現在,サンプル出荷中。カラーバージョンは2016年末までにサンプル出荷可能になる予定だとしている。

その他関連ニュース

  • キヤノン,148dB/1.0型/1,260万画素センサー開発 2023年01月12日
  • キヤノン,約1,900万画素CMOSセンサーを発売 2022年12月20日
  • SSSとNEC,物流業界向けエッジAIセンシング実験 2022年12月08日
  • オンセミ,経営方針と新製品について会見
    オンセミ,経営方針と新製品について会見 2022年12月02日
  • オムロン,機器組み込み用カラーセンサーを発売 2022年11月10日
  • NTT,光で液体の特性や液中の粒子を超高感度に検出 2022年11月08日
  • JDI,通常映像とデプスマップの同時取得技術を開発 2022年11月07日
  • IDS,製品シリーズに新USB3カメラを追加 2022年10月04日