パナソニック,演出/照明レーザープロジェクターに2000 lmタイプ

パナソニックは,照明と映像を融合して新しい空間を演出するスポットライト型プロジェクター「Space Player(スペース プレーヤー)」の2000lmタイプを,2016年11月1日から発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

この製品は照明とプロジェクターの機能を持つ商品。コンパクトなデザインで,長寿命(20,000時間)のレーザー光源採用による省メンテナンス性,PCやタブレットなど幅広い機器からのコンテンツ再生機能,投映方向を自在に変えられる可動構造などの特長を持っている。

今回発売する2000 lmタイプは,同社従来品比2倍の明るさで,比較的明るい空間でも鮮やかな映像演出を実現する。また,照明器具個別に明るさと色温度を制御できる「マルチ調光調色システム」との連動も可能になった。これにより,投映タイミングにあわせて,最適な照明シーンを再現できるようになった。

さらに,リモコン操作によるスペースプレーヤー複数台の一斉ダイレクト再生機能や,ワイヤレスで音声出力ができるBluetooth発信機能を搭載,専用ソフト「チョークアートメーカー」との組み合わせによる演出の実現など,ネットワーク機能を拡充した。

関連記事「パナソニック,照明と空間演出を融合したレーザプロジェクタを発表

その他関連ニュース

  • エプソンら,裸眼・多人数VRソリューション開発 2022年01月25日
  • 東芝ライ,IoTスマート道路灯を実証実験 2022年01月12日
  • リコー,ポケットサイズプロジェクターを発売 2021年12月14日
  • 豊田合成,フルカラーLED車内ランプを開発 2021年12月07日
  • 東工大ら,マーカー無しで高速運動物体へ映像投影 2021年12月02日
  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • パナ,人に「回遊」や「滞留」を促す照明法を提案 2021年10月21日
  • トライテラス,内視鏡用青色照明を⼤学病院へ導⼊ 2021年10月14日