TED,最少遅延3msプロジェクターを発売

東京エレクトロンデバイス(TED)は,1,000f/sで8bit階調の映像を,最少遅延3msで投影できる世界最速レベルの高速プロジェクター「DynaFlash(ダイナフラッシュ)」を10月19日に発売する(ニュースリリース)。

現在,プロジェクターは映像の投影に利用されるだけでなく,拡張現実(AR)やユーザーインタフェース,3次元計測など幅広い分野に応用されているが,従来のプロジェクターはフレームレートが30fps~120fps程度のものが主流であり,対象物が動いた場合などは映像や認識に大きなズレが生じるため,活用できる範囲が限られていた。

TEDと東京大学は2014年5月より,プロジェクターのフレームレートを高速化する共同研究を行ない,2015年7月に1,000f/sで8bit階調の映像を,最少遅延3msで投影できる高速プロジェクタ試作機を開発している。

新製品は,筐体サイズ260mm×270mm×120mm,質量4.5Kgと,一般的なプロジェクターと同等のサイズなので,容易に持ち運びができ,各種研究における様々な実験・評価環境に柔軟に対応できる。また,画像処理用PCとのインタフェースにPCI Express 光I/Fを採用しており,本体と画像処理用PCは離れた場所に設置できるようになり,実験スペースの上に天吊りするといった利用もできる。

表示デバイスは0.7”型DMDで,解像度は1024×768(XGA)。光量は500 lmとなっている。アプリケーションとして,ダイナミックプロジェクションマッピング,リアルタイム3次元形状認識,リアルタイムスキャニング,検査,ロボットビジョン,拡張現実(AR),高速ジェスチャーUIなどを提案している。

その他関連ニュース

  • カシオ,プロジェクターの「組込領域」事業を開始 2021年08月24日
  • 日板のHUD対応ガラス,ベンツの最新モデルに採用 2021年08月05日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • ソニー,4K HDRプロジェクターを発売 2021年04月19日
  • 東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得
    東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得 2021年04月12日
  • NTT-AT,高屈折率ナノインプリント樹脂を開発 2021年03月31日
  • 農工大,コンタクトレンズディスプレーを開発 2021年03月26日
  • 富士フイルム,新型超短焦点プロジェクターを発売 2021年03月16日