ショット,環境にやさしい高強度超薄板ガラスを開発

独SCHOTT AGは,スマートフォンのディスプレー保護のほか,家電製品の用途にも適した環境にやさしい超薄板ガラス「SCHOTT AS 87 eco(ショットAS 87 エコ)」を開発した(ニュースリリース)。

ディスプレーを保護するガラスフィルムや指紋センサー用カバーガラスは,通常,化学エッチング技術によって製造される。この方法は,ガラスを薄くする際に,非常に危険なフッ化水素酸を使用する必要がある。

今回同社は,ガラスを薄くするための添加物や有害物質を使わない高度な製造方法を開発した。新たな製造方法によって,溶融したガラスから直接,超薄板ガラスを作ることが可能になった。新製品は,イオン交換法により強化されており,指紋センサー用カバーガラスやカメラのレンズ,タッチパネルなどを傷や破損から守るとしている。

その他関連ニュース

  • NSGと松竹,透明LEDビジョンの試験放映を開始 2024年07月17日
  • 【OPK】一台のカメラで上下左右から撮影できる光学素子 2024年07月17日
  • 【OPK】ガラス製ならではの特長を備えた光学素子 2024年07月17日
  • JDI,VR/MR用超高精細ディスプレーを開発 2024年06月28日
  • 【現地レポ】NHK技研公開,未来のテレビにまた一歩 2024年06月24日
  • 日本電気硝子,ガラスセラミックスコア基板を開発 2024年06月05日
  • 早大ら,ガラス構造にある規則性の構造抽出に成功 2024年05月15日
  • NIMSら,ガラスセラミックスへの変化を放射光観測 2024年04月19日