【CEATEC】スタンレー電気,フレキシブル基板LEDを開発

スタンレー電気は,フレキシブル基板上にアレー化したLEDを試作し,IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC」に参考出品した。

これは24×8(192個)の青色LEDをポリイミド基板上にアレー化したもので,R70mmのフレキシブル性を確保している。現在のところ,駆動回路が大きくフレキシブル化もされていない。またLEDの特性上,赤色は使用できず青色か緑色になるという。

こうした制約は大きいものの,フレキシブルな表示デバイスとして既にある有機ELに比べ,LEDは価格で優位なため,比較的シンプルな表示パターンで,安く作りたいウェアラブルデバイスなどに応用できるのではとしている。

その他関連ニュース

  • OIST,青色ペロブスカイトLEDの安定化に成功 2022年01月25日
  • 広島大,量子収率80%のシリコン量子ドットを合成 2022年01月21日
  • 東大ら,高性能な液晶性有機半導体を開発 2021年12月24日
  • 筑波大ら,フィルム上に高性能半導体薄膜を合成 2021年12月23日
  • 理研ら,接着剤不要の超柔軟導電接合技術を開発 2021年12月23日
  • ams OSRAM,ヘッドライト用高輝度LEDを発売 2021年12月10日
  • 慶大ら,高周波動作フレキシブルデバイスを開発 2021年12月10日
  • 阪大,どこにでも貼れる機能性酸化物薄膜を開発 2021年12月10日