【CEATEC】パナソニック,透明になる家具調ディスプレーを開発


テレビ視聴時

消すとガラス戸になる


パナソニックは,状況に応じて透明⇔ディスプレーと切り替えが可能なパネルを開発,戸棚のガラス戸に応用した「家具調ディスプレー」を,IT・エレクトロニクス総合展CEATECに出展した。

パネルは有機ELで,サイズは約55インチ,解像度はフルHDとなっている。スイッチを入れるとディスプレーとなり,切るとガラス戸のように透明になる。

近くで見るとガラス内に網目状の配線を見て取ることができる。テレビとしての画質は良好で十分に視聴に耐えるものとなっている。

同社ではこの製品をパネルとして供給するのではなく,家具として販売したい考え。同社の新たなテレビ戦略として注目される。今後,3年を目途に製品化を目指す。

その他関連ニュース

  • クラリベイト,有機ELデバイスで2人の受賞を発表 2024年05月22日
  • 茨城大ら,円偏光を発光するキラルな亜鉛錯体を開発 2024年05月17日
  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • JDI,新方式によるOLEDディスプレーの進捗を開示 2024年04月17日
  • シャープ,4Kタッチディスプレー3機種を発売 2024年03月25日
  • コニカミノルタ,次世代カラーアナライザーを発売 2024年03月19日
  • カネカ,有機EL照明を東京国立博物館へ寄贈 2024年02月08日
  • 名大ら,有機EL材料の発光効率の増幅機構を発見 2024年02月01日