【CEATEC】パナソニック,透明になる家具調ディスプレーを開発


テレビ視聴時

消すとガラス戸になる


パナソニックは,状況に応じて透明⇔ディスプレーと切り替えが可能なパネルを開発,戸棚のガラス戸に応用した「家具調ディスプレー」を,IT・エレクトロニクス総合展CEATECに出展した。

パネルは有機ELで,サイズは約55インチ,解像度はフルHDとなっている。スイッチを入れるとディスプレーとなり,切るとガラス戸のように透明になる。

近くで見るとガラス内に網目状の配線を見て取ることができる。テレビとしての画質は良好で十分に視聴に耐えるものとなっている。

同社ではこの製品をパネルとして供給するのではなく,家具として販売したい考え。同社の新たなテレビ戦略として注目される。今後,3年を目途に製品化を目指す。

その他関連ニュース

  • 山形大,印刷による少ロット有機ELパネルを試作 2023年02月02日
  • 阪大,「レーザー空中サインシステム」を開発 2023年02月01日
  • アルプスアルパインら,タッチパネルをタッチレス化 2023年01月31日
  • ソニー,高精細LEDディスプレーに新機種投入 2023年01月31日
  • シャープら,Cdフリー量子ドットを電流注入発光 2022年12月12日
  • 車載ディスプレー市場,自動車生産台数を上回る期待 2022年11月22日
  • リコー,有機ELモバイルタッチディスプレーを発売 2022年11月22日
  • DNP,第8世代向けメタルマスク生産ラインを新設 2022年11月11日