竹中システム,高感度・高精細フルフレームシャッターカメラ発売

竹中システム機器は,高感度・高精細のCMOSセンサーを搭載したフルフレームシャッター(カラー)カメラ「FC(S)M12MGE」を開発,9月に新しく発売した。オープン価格。

高感度CMOSセンサーを採用したことで1,200万画素と高画素でありながら汎用性の高いCマウントを実現。最大6f/sの画像出力が可能となっている。受光面積の広いローリングシャッター方式の採用で低ノイズを実現した。ビデオ出力はプログレッシブ走査(ノンインターレース走査)で,ギガビットイーサネット規格に準拠して出力される。

グローバルリセット機能を装備しているので,ストロボ照明と併用することでグローバルシャッター機能を持つカメラと同様にランダムシャッター(非同期リセット)動作が可能となっている。

中継なしで100mの画像伝送が可能。独自の回路設計,機構設計にて最大限に小型,軽量にしている。背面のカメラコネクターからの給電,またはLANケーブル経由で給電するPoE方式でのいずれでも使用が可能。

用途として,高解像度の電子シャッター画像処理装置の入力機器,LSI外観検査機器用途,顕微鏡用途,部品実装検査機器用途 ,液晶パネルなどの検査機器用途,その他コンピュータと接続して行なう画像処理用途が可能としている。

その他関連ニュース

  • キヤノン,世界最高画素数のSPADセンサーを開発 2021年12月20日
  • ソニー,イメージセンサー画素にトランジスタ積層 2021年12月17日
  • ソニー,1.0型センサー搭載の5Gスマホ発売 2021年11月02日
  • Basler,「ace2」シリーズに新モデルを追加 2021年10月20日
  • キヤノン,VR映像撮影システムを発表 2021年10月18日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • Basler,CXP-12対応製品を拡充 2021年09月21日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日