埼玉大ら,疲労の少ないLEDの蛍光体層を開発

埼玉大学は朝日ラバーと共同して,自動車の内装照明用の光源として用いられるLEDの色のバラツキを低減するとともに,視認性向上や疲労低減機能を付加するための蛍光体層を開発している(ニュースリリース)。

さらに,LEDの分光分布の視認性や疲労に対する影響について,心拍,脳波,脳血流等の生体指標から定量化する研究を行ない,蛍光体層の配合で視認性向上や疲労低減効果の機能性を付加した製品化を目指している。

この取組みは,経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業として,2015年度から3年間採択され,製品化を視野に研究開発を行なっているもの。

関連記事「NIMSら,高効率近赤シリコン蛍光体を開発」「レンゴー,希土類フリーの可視光蛍光体を開発」「NIMSら,超高輝度レーザ照明向けYAG単結晶蛍光体を開発

その他関連ニュース

  • 日亜ら,ADB用マイクロLEDソリューションを開発 2023年01月25日
  • 京大,高効率なナノアンテナ蛍光体を開発 2023年01月18日
  • 水研機構,LED灯でいか釣漁業の収益性改善を確認 2022年12月26日
  • 東芝,可視光では透明で赤色発光6倍の蛍光体を開発 2022年12月20日
  • 2035年,運転者監視システム搭載率は63.6%に 2022年12月06日
  • 公大,目を閉じた時に感じる明るさを測定 2022年12月01日
  • 車載ディスプレー市場,自動車生産台数を上回る期待 2022年11月22日
  • 【光フェア】カンタム,防止型LED除菌装置を展示 2022年11月11日