埼玉大ら,疲労の少ないLEDの蛍光体層を開発

埼玉大学は朝日ラバーと共同して,自動車の内装照明用の光源として用いられるLEDの色のバラツキを低減するとともに,視認性向上や疲労低減機能を付加するための蛍光体層を開発している(ニュースリリース)。

さらに,LEDの分光分布の視認性や疲労に対する影響について,心拍,脳波,脳血流等の生体指標から定量化する研究を行ない,蛍光体層の配合で視認性向上や疲労低減効果の機能性を付加した製品化を目指している。

この取組みは,経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業として,2015年度から3年間採択され,製品化を視野に研究開発を行なっているもの。

関連記事「NIMSら,高効率近赤シリコン蛍光体を開発」「レンゴー,希土類フリーの可視光蛍光体を開発」「NIMSら,超高輝度レーザ照明向けYAG単結晶蛍光体を開発

その他関連ニュース

  • OIST,青色ペロブスカイトLEDの安定化に成功 2022年01月25日
  • 広島大,量子収率80%のシリコン量子ドットを合成 2022年01月21日
  • 東芝ライ,IoTスマート道路灯を実証実験 2022年01月12日
  • オンセミ,車室内分析ソフト企業と協業 2022年01月07日
  • ams OSRAM,ヘッドライト用高輝度LEDを発売 2021年12月10日
  • 豊田合成,フルカラーLED車内ランプを開発 2021年12月07日
  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • パナ,人に「回遊」や「滞留」を促す照明法を提案 2021年10月21日