宮沢賢治の世界

patent_97_02

明けましておめでとうございます。正月号の今回は発明や特許から少し離れた処から,科学の世界にも大きな興味を持ち続けていた宮沢賢治(1896−1933)の世界を追ってみました。

「雨ニモマケズ」「風の又三郎」など,詩人として童話作家として知られる賢治は1896(M. 29)年8月に岩手県稗貫郡(現花巻市)で質・古着商を営む家の長男として生まれています。その2か月前に明治三陸地震(M8.5)が発生し,生まれた4日後にも陸羽地震(M7.2)があり近隣地域は大きな被害を受けています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • チョコレート 熟成考房舎 鴫原正義 2021年02月03日
  • 新年の“初物語” 熟成考房舎 鴫原正義 2021年01月01日
  • 高機能繊維とヒートテック 熟成考房舎 鴫原正義 2020年12月01日
  • パテントクリフ 熟成考房舎 鴫原正義 2020年11月09日
  • 柿の種 熟成考房舎 鴫原正義 2020年10月02日
  • ウイスキーと熟成 熟成考房舎 鴫原正義 2020年09月01日
  • 人力車 熟成考房舎 鴫原正義 2020年08月01日
  • 島津斉彬と集成館事業 熟成考房舎 鴫原正義 2020年07月07日