アストロン,OEM検出器センサーを発売

アストロンは,伊LaserPointのOEM向けサーマルセンサーシリーズに加わった,最大50W対応の「CSA-50-D30-HPB」と100W対応の「CSA-100-D30-HPB」の販売を開始した(製品ページ)。

60x60x67mmのコンパクトサイズで,高出力密度に耐える高耐性コーティングを施したセンサーディスクが特長。センサーの全動作レンジにわたって高度な直線性を実現し,適切な電子機器を備えたシングルショットエネルギー測定機能があるとしている。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・組み込みタイプのファン冷却
・測定パワー域:50mW~50W(CSA-50-D30-HPB),200mW~100W(CSA-100-D30-HPB)
・有効受光面口径:φ30mm
・スペクトル応答域:0.19~11µm
・1.5mケーブル(リクエストに応じて最大5m)またはLaserPointのメーター用DB15コネクターが付属

その他関連ニュース

  • Micro-Epsilon,静電容量変位センサーを発売 2021年02月19日
  • 九大,印刷できる抗原抗体検査用光センサーを開発 2021年02月05日
  • シチズン電子,VCSELでレーザー市場に参入 2021年01月19日
  • 2024年産業用環境センサー市場,1兆4,540億円 2021年01月05日
  • 豊技大,光干渉による半導体ガス検出チップを開発 2020年12月24日
  • 東大,水中で機能する有機センサーを開発 2020年12月02日
  • リンクス,3次元センサーの新モデルを発売 2020年11月02日
  • マウザー,バイオセンサーモジュールを発売 2020年10月29日