シャープ,ディスプレー/カメラ事業を分社化

シャープは,5月29日の取締役会において,ディスプレイデバイス事業およびカメラモジュール事業を分社化することを決定したと発表した(ニュースリリース 12

同社は,ブランド事業を支えてきたディスプレイデバイス事業とカメラモジュール事業を分社化することで,経営責任の明確化を図るとともに,他社からの出資による外部資金の獲得を容易にしたい考え。

この決定により,変化の激しい事業環境に迅速に対応できるスピーディな意思決定と継続的な設備・開発投資を実行することで,競争力の維持とさらなる事業拡大をめざすとしている。

なお,この分社化は完全子会社への吸収分割の方法によるものとし,簡易分割に該当する見込み。承継する資産等の内容,分割の時期,承継会社の名称等は今後改めて発表するとしている。

同社直近(2020年3月期)のディスプレイデバイス事業の売上高は651,444 百万円,カメラモジュール事業は333,414 百万円となっている。

その他関連ニュース

  • パナ,太陽電池生産から撤退 2021年02月01日
  • JDI,白山工場および付帯施設を譲渡 2020年09月01日
  • シャープ,ディスプレー事業継承会社を設立 2020年08月06日
  • オリンパス,カメラ事業を譲渡へ 2020年06月24日
  • 三菱,液晶事業から撤退 2020年06月18日
  • コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ 2020年04月20日
  • パナのテスラ向け工場,太陽電池の生産停止 2020年02月27日
  • 三菱電機,太陽光発電システムの製造を終了 2019年12月03日