ヨコモリ,サーマル体表温測定システムを発売


ヨコモリ電池屋コーポレーションは,誤差±0.3と高精度の「サーマル体表温測定システム」の販売を開始した(会社HP)。

新型コロナウイルス感染の世界的広がりにより,工場,空港,公共施設,ホテルなどの施設では,サーマルカメラ(熱検知カメラ)で利用者の体温測定をするケースが増えている。この製品は,体表温測定カメラ内に恒温ターゲットを設置することで,誤差を±0.3℃に抑えることができ,無意識レベルの微熱症状も検知が可能になるという。

体表温の映像をライブ確認できるだけでなく,設定体温を超える人を見つけた際に自動でキャプチャ画像やメールを送ることができるため,管理者の作業を軽減できる。また,AI顔判別機能を導入しており,自動で個人の識別も行なうこともできるという。短時間で検知するため,待ち時間も軽減できるとしている。

その他関連ニュース

  • 日機装と前田建設,深紫外LED除菌装置で提携 2021年01月18日
  • 損保大手,コニカミノルタとガス検知サービス開始 2021年01月13日
  • DNP,ホログラムによる非接触タッチパネルを開発 2021年01月13日
  • DNP,タッチレスAR透明浮遊ディスプレーを提供 2020年12月22日
  • 宇大,空中ディスプレーを日刊スポーツ本社で展示 2020年12月21日
  • 日亜,280nmLEDに対コロナ優位性を確認 2020年12月18日
  • TED,深紫外線LEDモジュールキットを発売 2020年12月16日
  • 2025年,殺菌用深紫外線光源市場は1342億円に 2020年12月15日