JAXA,リコーの小型全天球カメラをISSへ搭載

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とリコーは,宇宙空間(宇宙船外)で360°の全方位を一度に撮影できる小型全天球カメラを共同開発した(ニュースリリース)。

JAXAおよびリコーは,2018年に相互連携に関する覚書を締結し,共同でこのカメラの開発を行なってきた。開発したカメラは,リコーが市販する小型の全天球カメラ「RICOH THETA(シータ)」をベースに,宇宙空間の温度,放射線など,宇宙環境に耐えるための措置を行なっている。また,360°全方位の同時撮影が可能なため,カメラのサイズ・重量を抑えながら,多くの視覚情報を得ることができる。

このカメラは,小型衛星光通信実験装置「SOLISS」の2軸ジンバル部の動作確認のためのモニターカメラとして採用されている。2019年9月11日に打ち上げ予定の宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で国際宇宙ステーション(ISS)へ送り届けられ,「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームから360°の全天球静止画・動画を撮影し,地上に送信する予定としている。

なお,このカメラは宇宙で使われる世界最小の360°カメラで,民生品の360°カメラが宇宙船外で全天球型の撮影を行なうのは国内で初めてという。今後,JAXAは今回の技術を宇宙探査機等の船外モニターカメラとして活用することを目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,原始ブラックホール形成の謎を光学観測 2020年12月25日
  • すばる望遠鏡,はやぶさ2の再ミッション先を撮影 2020年12月24日
  • オムニビジョン,医療用超小型カメラの画質を改善 2020年12月22日
  • 東大,134億光年先の最も遠い銀河を分光で同定 2020年12月16日
  • NEC,衛星用光通信装置を開発 2020年12月14日
  • NAOJら,新系外惑星撮像装置で初の発見 2020年12月12日
  • NAOJ,黒い塗装による人工衛星の反射低減を実証 2020年12月08日
  • 東大ら,100億年前の宇宙での鉄の存在量を推定 2020年12月02日