光コンピューティングの進歩


AIの進歩が脅威的です。ちょっと目を離した隙に,新しい技術成果や,新技術活用の動きがウェブ上に流れていて,筆者は,FOMO(Fear of missing out ,取り残されの恐怖)に陥りそうです。このところ,手元に届くウェブニュースには,AI関連記事が満載です。中でも,人と会話(チャット)したり,人に代わって文章を書いたり,画像を描いたりすることのできる,生成系AI(ジェネレーティブAI)の分野が過熱しているようです。

フォーブスの推計では,ChatGPTのユーザー数は,リリースから60日足らずで500万人を突破しているとのことです。最近,ビジネススクールの入試にも合格しました(CNN Business,2023/01/26)。昨年11月の本稿では,AIに意識が存在するかも,との議論を紹介しました。同じ稿で触れた画像生成AI「Stable Diffusion(SD)」は,ポップミュージックビデオやハリウッド映画で用いられ,今では1千万人以上が日常的に使っている,と書かれています。つい最近,静止画だけでなく動画版「Gen-1」もリリースされたそうです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 光業界に求む,チャレンジ精神 井筒 雅之 2024年05月10日
    • 新たな通信サービスの可能性 井筒 雅之 2024年04月11日
    • AIチップ需給拡大で動き出す半導体産業 井筒 雅之 2024年03月12日
    • レジリエントな通信システムの構築を目指して 井筒 雅之 2024年02月12日
    • 「新しい社会への変革」が動き出す鍵となるのは? 井筒 雅之 2024年01月10日
    • フローする情報と分極化する社会 井筒 雅之 2023年12月11日
    • 衛星コンステレーションの活用と次世代通信の行方 井筒 雅之 2023年11月10日
    • 巨大企業の社会的影響力 井筒 雅之 2023年10月10日