加速する, 見えないものを見る技術

いよいよ改元の日が近づいてきましたが,昨今のICT・ロボティクス・バイオ技術などの急速な発展,あるいは世界情勢の激しい動きを見聞きしていると,私達は歴史の曲がり角にいるのだなとの感が強くなります。

青春の曲がり角,とか,人生の曲がり角,運命の曲がり角,など,先の見通しにくい曲がり角には,兎角,危険な感触があります。一方,最近では,曲がり角や交差点の危険性を少しでも小さくしようとの動きも見られます。

先日の新聞報道にありましたが,電柱に取り付けたレーダーで横道の歩行者を感知して,交差点に近づいてくる車の運転者にスマホを通して注意を促すシステム実験が関西で始まったとのことです。また,歩行者がスマホなどの端末を持っていると,その信号を検知して電柱などに設置した表示板に歩行者の接近を知らせるシステムの実験も始まっているようです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 先延ばし(procrastination) 井筒 雅之 2021年05月12日
    • AIバイアス問題 井筒 雅之 2021年04月05日
    • SNS社会の影響力 井筒雅之 2021年03月17日
    • 格差と分断 井筒雅之 2021年02月05日
    • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
    • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
    • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
    • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日