材料の未知なる力

昨年10月の米・アーカンソー大からの報告によると,グラフェンを2枚の電極の間に挟むと,グラフェン膜の(リップル構造の)熱振動に伴って電極間に電流が発生し続ける,とのことで,Vibration Energy Harvester(VEH)と名付けて特許が申請されているそうです。ウェブニュースのワイアード・日本語版にもう少し詳しい解説が出ています(https://wired.jp/2017/12/19/energy-from-graphene/)が,10μm角の膜を用いると10 mW程度の電力が得られる計算のようです。

Physics Todayの本年5月号には,2枚のグラフェンをほんの少し(約1.1°)ずらして重ねると,超伝導体になるとの報告もあります。数度以上ずれていると荷電粒子はグラフェンなどに特有の線形分散関係(エネルギーは運動量に比例)を示すのですが,2枚をぴったり合わせると通常のバルク結晶と同じくエネルギーが運動量の2乗に比例する様になり,それら二つの状態が切り替わる中間状態で,超伝導性が現れるとのことです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 光業界に求む,チャレンジ精神 井筒 雅之 2024年05月10日
    • 新たな通信サービスの可能性 井筒 雅之 2024年04月11日
    • AIチップ需給拡大で動き出す半導体産業 井筒 雅之 2024年03月12日
    • レジリエントな通信システムの構築を目指して 井筒 雅之 2024年02月12日
    • 「新しい社会への変革」が動き出す鍵となるのは? 井筒 雅之 2024年01月10日
    • フローする情報と分極化する社会 井筒 雅之 2023年12月11日
    • 衛星コンステレーションの活用と次世代通信の行方 井筒 雅之 2023年11月10日
    • 巨大企業の社会的影響力 井筒 雅之 2023年10月10日