フランシスコ・ザビエルと献上品


日本の歴史の中で,1543(天文12)年に伝来した鉄砲は大きなインパクトがあり,それ以降西欧の多くの技術や情報が入ってきました。又,フランシスコ・ザビエル(1506-1552:図1)の日本到着も大きな変化をもたらしました。今回はそんなザビエルと当時の欧州技術の一部を追ってみました。

 

ザビエルは当時のスペイン領ナバラ王国の地方貴族の家で生まれています。パリ大学に留学して哲学を学んでいる時期に,同郷者の影響から聖職者を志し,1534年に同志と共にイエズス会を創立します。その後ポルトガル王ジョアン3世(1502-1557)からの世界宣教の依頼を受けて,1542年にインド西海岸のゴアに到着します。その地で,訳あってマラッカに住んでいた鹿児島出身の“ヤジロウ”と呼ぶ日本人に偶然出会うのです。

図1 ザビエル生誕500年記念切手より(左:スペイン、右:ポルトガル 2006.4.5発行)
図1 ザビエル生誕500年記念切手より(左:スペイン、右:ポルトガル 2006.4.5発行)

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • テレマティクス保険 鴫原 正義 2024年06月10日
    • チャールズ・グッドイヤー 鴫原 正義 2024年05月07日
    • 特許取得ランキング 鴫原 正義 2024年04月09日
    • 臥雲辰致という人 鴫原 正義 2024年03月12日
    • 地熱発電 鴫原 正義 2024年02月12日
    • 箏と八橋検校 鴫原 正義 2024年01月15日
    • クリスマスカード 鴫原 正義 2023年12月07日
    • セルフレジ(セルフチェックアウトシステム) 鴫原 正義 2023年11月06日