空飛ぶクルマ

近年のモビリティ社会の動きは,地球環境問題に向けた電動化や交通流の改善,事故撲滅などを目指した自動運転などの話題で賑わっています。新たなモビリティ社会の始まりでもあります。一方で,自動車とドローンを組み合わせた夢のような“空飛ぶクルマ”も現実味を帯びてきました。そもそも空を飛ぶのは飛行機で,自動車は道路を走るのですが,今回はそんなSFのような話題です。


凡そ一世紀前の1926年に,米国のヘンリー・フォード(1863 -1947)が“空飛ぶクルマ”を目指した一人乗りの飛行機“Sky Flivver”を作り始めます。後の試験飛行で操縦士が墜落死したことで開発を止めた経緯があります。しかし,フォードは後に「貴方は笑うかもしれませんが,飛行機と自動車が一体となる時代が必ず来ますよ…」と言っていたそうです。因みに,その頃は,自動車産業を一変させたT型フォードの売り上げがライバル社の新たな展開に押され気味になっていた頃でもありました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • チャールズ・グッドイヤー 鴫原 正義 2024年05月07日
    • 特許取得ランキング 鴫原 正義 2024年04月09日
    • 臥雲辰致という人 鴫原 正義 2024年03月12日
    • 地熱発電 鴫原 正義 2024年02月12日
    • 箏と八橋検校 鴫原 正義 2024年01月15日
    • クリスマスカード 鴫原 正義 2023年12月07日
    • セルフレジ(セルフチェックアウトシステム) 鴫原 正義 2023年11月06日
    • サイコロの功績 鴫原 正義 2023年10月05日