氷とかき氷

暑い毎日が続くと,かき氷などの氷菓が欲しくなります。最近はふわふわとした雪のようなかき氷なども出ていますが,今回はそんな“氷”の世界を追ってみました。

かき氷は平安時代に清少納言(966 頃-1025 頃)が書いた『枕草子』の中にも出てきます。第四十二段に「あてなるもの,~(中略)~削り氷(ひ)にあまづら入れて…」とあるのです。“あてなるもの”とは「高貴なもの」などの意味で,“あまづら”とは,樹液で作った甘味料の“甘葛”のことだそうで,当時のかき氷は小刀で削っていたようです。

尚,削り氷に甘味料をかけたものが暑い時期でも食べられたのはほんの一部の限られた人になります。冬季の氷を夏まで保存する氷室は,最古の書『日本書紀』でも書かれているので,その頃から夏でも氷を手に入れることもできたのです。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • オペラ 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年01月05日
    • ウーバライゼーション 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年12月13日
    • スポーツと先端技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年11月05日
    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 佐久間象山の創作 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年06月22日
    • 宇宙での特許 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年05月12日