高機能繊維とヒートテック

寒い日が続くようになると,気温や衣類が気になります。近年は“ヒートテック”に代表されるように素材自身が温かく感じさせる繊維があります。そのような高機能繊維が開発されたお陰で,軽く薄くても暖かく,動き易さの面からも快適になりました。

被服の素材は18世紀の産業革命以降の織機や紡績機などの改良・発明によって良質な素材が安定して得られるようになり,20世紀になるとナイロンやポリエステルなどの化学繊維が発明されるなどで技術の開発と蓄積が進み,“高機能繊維”と呼ばれるものが現れ,更に多様な展開が進みました。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 氷とかき氷 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年08月01日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 佐久間象山の創作 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年06月22日
    • 宇宙での特許 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年05月12日
    • 漆の技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年04月05日
    • 印章と電子署名 熟成考房舎 鴫原正義 2021年03月17日