日本の鳥人達

人類が鳥のように空を飛ぶ技術に関しては,殆どが欧米の人達が主役として語られてきました。1505年頃にレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452−1519)が螺旋状のプロペラを描き,鳥の様に羽ばたく装置からグライダーまでの構想を描いています。更に後の1882年になって,ドイツのオットー・リリエンタール(1848−1896)がグライダーの飛行に成功し,1903年には米国のライト兄弟(兄:1867−1912,弟:1871−1948)が初の動力飛行に成功します。しかし,それより凡そ100年前に有人飛行をしていた日本人がいました。以下,そんな日本の挑戦者達を見てみましょう。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • チャールズ・グッドイヤー 鴫原 正義 2024年05月07日
    • 特許取得ランキング 鴫原 正義 2024年04月09日
    • 臥雲辰致という人 鴫原 正義 2024年03月12日
    • 地熱発電 鴫原 正義 2024年02月12日
    • 箏と八橋検校 鴫原 正義 2024年01月15日
    • クリスマスカード 鴫原 正義 2023年12月07日
    • セルフレジ(セルフチェックアウトシステム) 鴫原 正義 2023年11月06日
    • サイコロの功績 鴫原 正義 2023年10月05日