ナポレオン三世と科学の世界

シャルル・ルイ=ナポレオン・ボナパルト(1808−1873)は,大ナポレオン(1769−1821)の弟ルイ(1778−1846)と,妻ジョセフィーヌ(1763−1814)の連れ子との間に生まれているので大ナポレオンの甥であり孫にもなります。天国と地獄を行き来するような経験をたどりながらもフランス第二共和政時代の大統領となり,後に皇帝の地位を得てナポレオン三世となります。彼以降,真に科学を理解し,科学を愛した国家元首は現れていないと言われる程に科学に造詣が深く,様々な新たな事業も推進しているのです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • オペラ 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年01月05日
    • ウーバライゼーション 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年12月13日
    • スポーツと先端技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年11月05日
    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 氷とかき氷 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年08月01日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 佐久間象山の創作 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年06月22日