パラドックス

patent_100_01

 「特許パラドックス」と称する言葉があるそうです。特許の規制や権利が強まると,特許取得への意識・意欲が高まる一方で,企業の研究開発に対するリターンが特許に依存しなくなる傾向も見えて来ます。

係争などに絡んだ悪循環に入って,本来の在り方に対し逆行してしまうのです。1980年代の米国大統領ロナルド・レーガン(1911−2004)のプロパテント政策により米国の産業が活性化したことに倣い,1990年代後半から各国で知財権の擁護・強化が進み現在に至っています。それ以前は逆に権利が緩かったとも言えるのですが,経済社会の状況に対し,異なる方向の政策が打ち出されているのです。

 このようなパラドックスはいろいろあります。以下,そのパラドックスを発明(?)した人達を幾つか追ってみました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 鯉のぼりと吹き流し 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年05月20日
    • トマトの話題 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年04月01日
    • 特許取得ランキング 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年03月09日
    • 空飛ぶクルマ 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年02月03日
    • オペラ 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年01月05日
    • ウーバライゼーション 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年12月13日
    • スポーツと先端技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年11月05日
    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日