灯台

patent_96_02

灯台を見ていると,何故か郷愁のようなものを感じます。歌になり絵になり,たとえ話や諺などにも出てきます。近代の灯台技術は英国が群を抜いていたそうですが,島国であり産業革命を興した国らしくもあります。今回はそんな灯台を追ってみましょう。

灯台は,紀元前7世紀頃にエジプトのナイル川河口に建つ寺院から火を焚いて船に知らせたことを起源とするようですが,これでは未だ“灯台”の体をなしていません。形として存在したものではB. C. 3世紀頃のエジプトで世界の7不思議の一つに数えられる「アレクサンドリアの大灯台」が最古とされています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 氷とかき氷 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年08月01日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 佐久間象山の創作 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年06月22日
    • 宇宙での特許 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年05月12日
    • 漆の技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年04月05日
    • 印章と電子署名 熟成考房舎 鴫原正義 2021年03月17日