収差(Ⅰ)

1. はじめに

幾何光学において,結像を悪くする要因を収差と呼ぶ。これは,光の分散による色収差と,レンズの形状による単色収差に分けることができる。

結像を悪くする要因として,回折による影響もあるが,これらをトータルで考える結像の評価については,後の章で解説することになる。

収差を実験的に確かめることは難しいので,この章でも,主にシミュレーションを使うことにする。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 収差(Ⅵ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年03月17日
    • 収差(Ⅴ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月24日
    • 収差(Ⅳ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月19日
    • 収差(Ⅲ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
    • 収差(Ⅱ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
    • 結像と光学系(Ⅶ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
    • 結像と光学系(Ⅺ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
    • 結像と光学系(Ⅹ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日