収差(Ⅵ)

9.  単色収差

これまで,光学材料の分散による色収差について説明してきたが,光の波長分散とは関係なく,レーザー光などの単色光でも生じる収差を単色収差と呼ぶ。色収差と違って,これらを低減するための万能なルールはない。光学設計とは,主に,この単色収差を補正することである。

単色収差は,いろいろな要素が重なっており,古くから,個々の補正方法が知られているが,実際の収差は,これらの要素が重なっている。したがって,解析的に収差を補正するよりも,光線追跡を行って収差を解析し,それを低減するように光学系のパラメータを変える方法が一般的である。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 収差(Ⅴ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月24日
    • 収差(Ⅳ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月19日
    • 収差(Ⅲ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
    • 収差(Ⅱ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
    • 収差(Ⅰ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
    • 結像と光学系(Ⅶ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
    • 結像と光学系(Ⅺ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日
    • 結像と光学系(Ⅹ) (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋 2021年02月15日