天王星とハーシェル

鴫原正義

今年は,金環日食をはじめ金星の太陽面通過やNASA探索車の火星着陸成功などの天体の話題に沸きましたが,秋から冬にかけてこれからの天体の星は一層綺麗に見えてきます。今回は,惑星の中でも近世になって発見された天王星の世界を追ってみましょう。

1

その天王星を発見したフレデリック・ウィリアム・ハーシェル(1738~ 1822)は英国の天文学者で望遠鏡製作者として知られますが,それ以前はれっきとした音楽家だったのです。ハーシェルは1738 年にドイツのハノーファーで生まれています。1753 年に父と長兄が所属するハノーファー近衛連隊のオーボエ奏者として入隊します。

その後,同地の選帝侯が連合を組んでいた関係で1757 年に英国に赴任することになり,名前もドイツ名のフリードリッヒ・ヴィルヘルム・ヘルシェルから英語名に変えています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • オペラ 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年01月05日
    • ウーバライゼーション 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年12月13日
    • スポーツと先端技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年11月05日
    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 氷とかき氷 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年08月01日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 佐久間象山の創作 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年06月22日