広視野レーザ顕微鏡によるナノ表面形状計測技術

1. はじめに

wakate_1602_09

機械のしゅう動面や固体の接触面には表面粗さ(微小凹凸)やうねりが存在している。粗さを有する金属同士では,実際に接触するのは肉眼では見えない微小突起同士である。この部分を真実接触部と言い,見かけの接触面積の1/1000程度と言われている。また,接触面全域を見渡すと表面には微小突起よりも大きなうねりがあり,高いうねりの部分で相手面と厳しく接触し,低いうねりの部分では全く非接触になるといった巨視的な片当たりが生じる。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 水分解用タンデムセルの構築を志向した半導体光触媒粉末から成る半透明光アノードの創製 信州大学 影島 洋介 2021年09月07日
    • 空間構造を持つ光により実現する高速な3次元蛍光イメージング 東北大学 小澤 祐市 2021年07月07日
    • 目には見えない円偏光を高感度に検出するフォトダイオードの開発 帝京科学大学 石井 あゆみ 2021年06月22日
    • 計測分野へ向けた高精度な距離・形状測定を実現するTOF距離イメージセンサ 静岡大学 安富 啓太 2021年05月27日
    • 化学気相成長による軽元素系無機蛍光体の薄膜プロセス (国研)産業技術総合研究所 且井 宏和 2021年04月15日
    • 金属微細構造作製技術とプラズモニクス応用 静岡大学 小野 篤史 2021年03月10日
    • Mie共鳴により発色するナノ粒子カラーインクの創製 神戸大学 杉本 泰 2021年02月03日
    • テラヘルツドップラ測定に基づく非接触心拍計測の試み 慶應義塾大学 門内 靖明 2021年01月01日