近大ら,オリゴ糖の疎水性を感知する蛍光色素を開発

近畿大学と福井県立大学は,疎水性(親油性)に反応するBODIPY色素に,親水基と疎水基をバランスよく導入した新規蛍光色素(BOliFlour)を開発した(ニュースリリース)。

オリゴ糖は,ブドウ糖などの単糖が数個繋がったものの総称であり,腸内細菌に作用して整腸作用などの生理機能を発現するなど,機能性食品の素材として注目されている。しかし,オリゴ糖分子には良好な発色団がないことや物理化学的な性質が類似する異性体が多数存在するなどの理由から,手軽に測定することができない。

強い疎水性(油の性質)をもつ蛍光分子は,水中では油滴のように自己集合し,蛍光が弱められてしまうため,利用方法が限られていた。

研究グループは,疎水性(親油性)に反応するBODIPY色素に,親水基と疎水基をバランスよく導入した新規蛍光色素(BOliFlour)を開発し,蛍光分子に適度な揺らぎをもたせると,自己集合する代わりに,オリゴ糖のような柔らかな構造を持つ疎水性分子に結合して蛍光を強く発することを見出した。

特に,フェニル基を結合させたBOliFlour2は環状オリゴ糖だけでなく,直鎖オリゴ糖にも反応し,比較的簡便にオリゴ糖量が測定できた。

研究グループは,今後は,この原理を利用して,さらに高感度かつ高選択的なオリゴ糖測定法の開発が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 東工大ら,高光安定性かつ低毒性の蛍光色素を開発 2024年03月13日
  • 慶大,ローダミン蛍光色素の蛍光消光機構を発見 2024年02月19日
  • 東工大ら,緑~青まで円偏光の発光色を自在に制御 2023年10月10日
  • 千葉大ら,微小液滴レーザーの高精度印刷に成功 2023年09月14日
  • 富山大,蛍光色素を分子レベルで封止する新手法確立 2023年08月29日
  • 工科大ら,エンドサイトーシスに新輸送経路を発見
    工科大ら,エンドサイトーシスに新輸送経路を発見 2023年08月01日
  • 上智大ら,ブドウ糖を高感度・高選択的に蛍光認識 2022年12月26日
  • 北里大,湾曲構造を有する蛍光色素を開発 2020年10月21日