世界半導体製造産業,2023年より回復へ

米SEMIは11月13日(米国時間),世界の半導体製造産業の2023年第4四半期は回復に向かっており,2024年の継続的な成長の土台が整うとの予測を発表した(ニュースリリース)。

それによると,電子機器の売上高は2023年第3四半期の前期比7%成長から,さらに2023年第4四半期には22%増を記録する見込みだという。IC売上高は,最終製品需要の改善と在庫の正常化に伴い,2023年第3四半期の7%増に続き,2023年第4四半期は4%増となると予測する。

電子機器ならびにICの売上高が改善する一方で,半導体製造の指標は依然として軟調。ファブ稼働率および設備投資は今年後半も下降が続くという。

2023年の設備投資は非メモリの設備投資がメモリを上回る予測だが,非メモリの投資額も減少傾向にある。2023年第4四半期の設備投資の総額は2020年第4四半期の水準に留まるとしている。

半導体製造装置の売上高は設備投資と一致した減少を示しているが,ウエハーファブ装置の売上高の落ち込みは今年予測されていたよりもかなり小幅となっている。さらに,後工程装置の売上高は2023年第4四半期に上昇する見込みだとしている。

半導体市場は過去5四半期にわたり減少を続けたが,生産調整がサプライチェーン全域で効果を上げた結果,2023年第4四半期には成長が回復する見込みだという。半導体前工程製造装置の売上高についてはIC市場を上回る成績が続いており,政府の産業支援と受注残の処理に支えられて,来年にかけて好調が続くことと予測する。

2023年後半はファブ稼働率が下がり,設備投資も後退しているが,後工程装置の売上高は2023年第4四半期に底を打つと予測する。チップ製造業にとって,これが重要な転機となり,下降期からの回復し2024年の成長を勢いづける兆候となるという。

その他関連ニュース

  • 【現地レポ】横国大,日本の半導体産業をチップレットで巻き返す「SQIEセンター」を設置
    【現地レポ】横国大,日本の半導体産業をチップレットで巻き返す「SQIEセンター」を設置 2024年06月21日
  • 信越化学,半導体パッケージ基板製造装置と工法開発 2024年06月20日
  • ファブ生産能力,2024年に6%・2025年に7%の拡大 2024年06月20日
  • 2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円
    2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円 2024年06月10日
  • 2024年の偏光板世界生産量,5億9,580万m2まで拡大 2024年06月07日
  • 2024年世界半導体製造装置販売額,前年同期比2%減 2024年06月06日
  • 日本電気硝子,ガラスセラミックスコア基板を開発 2024年06月05日
  • 【解説】環境配慮を意識した技術・製品開発へ―GaN成長技術にも有毒ガス排除の動き 2024年06月04日