シリコンウエハーの世界出荷面積,2024年には回復へ

米SEMIは,2023年のシリコンウエハー世界出荷面積は125億1200万平方インチと14%減少し,過去最高だった2022年の145億6500万平方インチから落ち込むものの,ウエハーおよび半導体需要が回復することによる在庫レベルの正常化に伴い,2024年には回復するという年次シリコン出荷予測を発表した(ニュースリリース)。

それによると,人工知能(AI),ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC),5G,自動車,産業用アプリケーションをサポートするためにシリコン需要が増加するにつれて,ウエハー出荷枚数は過去最高を更新し,2024年の反発の勢いは2026年まで続くと予想している。

その他関連ニュース

  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • AnsysとTSMC,最先端半導体向けソフトで協業 2024年05月14日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日
  • 2024年,シリコンウエハー出荷面積は5%減 2024年05月09日
  • 2023年,世界半導体製造装置販売額は1,063億ドルに 2024年04月11日
  • 2029年,半導体露光装置市場は4兆7,900億円 2024年04月02日
  • 日清紡マイクロ,琵琶湖半導体構想に参画 2024年03月29日
  • SSS,タイの事業所で光半導体製造を開始 2024年03月29日