富士通,IOWN検証に光伝送プラットフォーム提供

富士通は,日本電信電話(NTT)が,日本全国をカバーする次期光コアネットワークの構築に向けた検証機として,同社の光伝送プラットフォーム「1FINITY Ultra Optical System」を採用したと発表した(ニュースリリース)。

NTTグループはIOWN構想を提唱しており,それを支える技術として,通信ネットワークの全領域で光(フォトニクス)を用いるオールフォトニクス・ネットワーク(APN)の構築を進めている。

APNは,従来の通信技術を大幅に上回る大容量伝送,低遅延,低消費電力といった特長を持ち,NTTグループが全国で構築を開始する次期光コアネットワークにも活用される予定。

同社の「1FINITY Ultra Optical System」はIOWN Global Forumが策定したOpen APNに求められる仕様を満たしながら,世界最高クラスとなる光1波あたり1.2Tb/sの大容量伝送や,800Gb/sでの長距離伝送などの用途に応じた最適なソリューションを提供可能だとする。

また,世界で初めて光伝送装置に水冷システムを採用し,システム全体のCO2排出量を従来製品比で60%削減した。同社は,今後グローバルにこの製品を提供する予定で,3,000億円規模のビジネスに成長させることを目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 富士通,IOWN向け光伝送ソリューションの提供開始 2024年05月28日
  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日
  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日
  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日
  • ドコモら,サブテラヘルツ帯デバイスで100Gb/s伝送 2024年04月11日