上智大ら,ブドウ糖を高感度・高選択的に蛍光認識

上智大学,早稲田大学,千葉工業大学は,環状オリゴ糖とシンプルな蛍光性分子の超分子複合体によって,水中でのブドウ糖(D-グルコース)の高感度・高選択的な蛍光認識に成功した(ニュースリリース)。

ブドウ糖(D-グルコース)は血糖として体内に広く存在し,糖尿病の早期発見や治療のためには,その精確な濃度の追跡や管理が重要となる。しかしながら,体内には他の様々な糖も共存するため,精確なD-グルコースの濃度の測定にはD-グルコースだけを見つけ出すセンサーの開発が要求される。

研究では,シンプルな蛍光性分子と環状オリゴ糖の超分子複合体が,D-グルコースを認識して水中で劇的な発光の増強を示すことを明らかにした。

この複合体はD-グルコースに対して非常に高い感度,選択性,そしてキラル選択性を示したという。研究グループは今後,精確かつ簡便な血糖値測定法やキラル識別法の開発等への応用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 富山大,有機硫黄酸化物を捕まえると光る分子を開発 2024年04月09日
  • 北大ら,短波赤外蛍光イメージングの医療用色素開発 2024年04月08日
  • 近大ら,オリゴ糖の疎水性を感知する蛍光色素を開発 2024年04月01日
  • 京大ら,Ca2+とcAMPを感知する蛍光タンパク質開発 2024年03月25日
  • 東工大ら,高光安定性かつ低毒性の蛍光色素を開発 2024年03月13日
  • ExCELLSら,CDKを可視化するバイオセンサーを開発 2024年01月23日
  • 理研,タフな蛍光性自己修復材料の開発に成功 2024年01月23日
  • 名大ら,引張り力で体中の蛍光色が変わるマウス作出 2024年01月15日