三井化学,メガネレンズ加工機器メーカーを傘下に

三井化学100%子会社の米SDC Technologies, Inc.は,メガネレンズ加工機器の開発・製造・販売を行なう米Coburn Technologies, Inc.を2022年11月10日に買収し,SDCの100%子会社となったと発表した(ニュースリリース)。

三井化学は,高屈折率レンズ材料をはじめとした様々な屈折率や特性の材料を世界中のレンズメーカーに提供しており,メガネレンズに欠かせないコーティング材料分野では,2008年にSDCを買収して以降,2010年には防曇コート材に強みをもつ米FSI Coating Technologies,2014年にはUV硬化型ハードコート材の米LTI Coating Technologies(2017年にSDCが吸収合併),20年には,超撥水・反射防止コート材をもつ独COTECをグループに加えている。

今回,メガネレンズ加工ラボ(技工所)向け機器や消耗品の製造・販売で65年の歴史を持つCOBURNを新たにグループに加えた。これにより,デジタル化,省力化,環境負荷低減などの社会課題に対して,材料と加工機器,それぞれの強みを融合したイノベーションを提供していくとしている。

その他関連ニュース

  • 【光フェア】五鈴精工硝子,UV-C透過ガラスを展示 2022年11月09日
  • エドモンド,レーザーコート平凹レンズを発売 2022年10月11日
  • 昭和電工と昭和電工マテリアルズ,統合して新会社へ 2022年10月04日
  • オフィール,ドローン向けMWIRズームレンズを発表 2022年09月22日
  • ニコン,独AM企業のSLMを買収 2022年09月08日
  • エドモンド,非球面レンズのラインナップ拡充 2022年09月05日
  • 東海光学HD,守田光学工業を子会社化 2022年08月25日
  • コニカミノルタ,ディスプレー事業の強化と3D参入 2022年08月03日