【光フェア】オフィール,赤外ズームレンズを展示

光技術展示会「光とレーザーの科学技術フェア2022」(11月9日(水)~11日(金),東京都立産業貿易センター浜松町館)において,オフィールジャパン(赤外線フェア ブースNo3R-16)は,各種赤外線レンズを紹介している。

今回新製品として「SupIR 80-1200mm f/5.5モーター駆動連続式ズーム」の現物を展示している。このズームレンズはピクセルサイズ15μmのイメージセンサを用いた場合,焦点距離1200mmにおいて人物なら22km先,自動車なら26km先にあるものまで捉えることができる。

φ267mmの大口径レンズはゲルマニウム製で,平均透過率(3.4μm~5.0μm)は,≧80%(LRHC)/85%(HD)を誇る。一般に高価なゲルマニウムレンズだが,同社の製品は「おそらく国産の半分程度」(説明員)だという。

こうした製品は主に防衛や国境警備用途で使われているが,今回の展示では小径の単焦点レンズも多数紹介しており,こうしたものは工場のライン監視やビル監視,そして車載用途として利用されているという。また特注品にも対応するとしている。

その他関連ニュース

  • プラウドら,単結晶赤外線レンズをモールド成形 2023年01月19日
  • 【光フェア】カンタム,防止型LED除菌装置を展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】東ソー,GaNなど各種ターゲット材を紹介 2022年11月11日
  • 【光フェア】アプトス,害鳥忌避レーザーを展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】シャープ福山,AR用レーザー展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】iRay,各種サーモグラフィの展示とデモ 2022年11月11日
  • 【光フェア】アダマンド,光干渉式内周面精密測定器をデモ 2022年11月10日
  • 【光フェア】ソウルバイオシス,各種UV LEDを紹介 2022年11月10日