アナログ・デバイセズ,AUOと車載事業で協業

米アナログ・デバイセズは,台湾の自動車部品メーカーAUO Corporationが,同社の車載ワイドスクリーン・ディスプレーにアナログ・デバイセズのマトリクスLEDディスプレイ・ドライバ技術を使用すると発表した(ニュースリリース)。

より優れた車内体験を実現するために,車室内にはワイドスクリーン・ディスプレーが採用されるようになっている。自動化と自律性の進展に伴い,こうしたディスプレーに対する要件は,いわゆるインフォテインメント・ハブから,自動車周囲の環境表示を伴うセーフティセンターのものへと厳格化している。さらに,電気自動車への移行に伴い,消費電力の重要性もさらに増している。

これらの要件に対し,アナログ・デバイセズは,車載ディスプレー・ユニットでスクリーン背面のLEDを駆動するローカルディミングと呼ばれる独自の方式を開発した。

このドライバは,すべての外部スイッチング正チャンネル電界効果トランジスタ(PFET)を内蔵し,大型車載ディスプレー用の高解像度と高コントラスト比,LED診断機能の向上を実現し,さらにゴースト効果を低減する。消費電力は,従来のエッジライト・ディスプレーと比べて最小でも50%低減され,機能安全の要件に適合しているという。

アナログ・デバイセズは独自のパワー・マネージメントおよびプロセス・ソリューションに基づくローカルディミング機能を持つ電力効率の高いワイドスクリーン・ディスプレー,さらにGigabit Multimedia Serial Link(GMSL)SerDesによる高解像度データ伝送を実現することで車内体験の向上を目指している。

AUOは,4×24チャンネル車載用LEDマトリクス・ドライバの「MAX25500」を同社のローカルディミング車載ディスプレーに使用する。このデバイスは現在提供されており,アナログ・デバイセズの車載ローカルディミングディスプレー・ドライバ・ファミリの製品となる。

その他関連ニュース

  • 車載ディスプレー市場,自動車生産台数を上回る期待 2022年11月22日
  • リコー,有機ELモバイルタッチディスプレーを発売 2022年11月22日
  • 東大,高色純度の青色ペロブスカイトQDを合成 2022年11月10日
  • OKIと古河電工,CATV向けIP放送で技術提携 2022年11月07日
  • ナイトライド,RGBの高効率マイクロLEDを開発 2022年11月02日
  • SCREEN,第8世代有機ELディスプレー製造装置発表 2022年10月18日
  • 京セラの字幕表示システム,駅での実証実験開始 2022年10月07日
  • SDTC,E InkにIGZOバックプレーンを供給 2022年09月28日