ams OSRAM,265nm/100mWの深紫外LEDを発売

ams OSRAMは,高出力UV-C LED の殺菌用途向け製品ラインアップとして,265nmの発光波長で,単一のダイ光源から100mWを出力する「OSLON UV 6060」を発表した(ニュースリリース)。

200~280nmの波長域,いわゆる太陽からのUV-C照射は,地球の大気を通過しないため,細菌やウイルスはそれに対する防御メカニズムをほとんど進化させていない。人工的に発生させたUV-C照射を細菌に照射すると,ウイルスや細菌といった微生物のDNAを変化させるため,その細胞構造を攻撃し,複製能力を喪失させる。

そのため,UV-Cランプはすでに長年にわたり殺菌用途に使用されている。これまで使用されてきた,大型で波長が制限されている水銀ランプと比較して,AIGaN(窒化アルミニウムガリウム)技術に基づいたUV-C LEDは,従来の光源よりも堅牢で,適応性,小型化,即時点灯機能など,さまざまな利点があるとする。

また,6mm×6mmのコンパクトなフットプリントにより,洗濯機やエアコンなどの使用箇所にLEDを直接設置することができる。さらに,社内テストで平均5.7%という優れた電力変換効率を実現。「OSLON UV」ファミリーの高出力バージョンは,250mAで平均100mWの光出力を達成するという。

この製品は,産業用アプリケーションのニーズに応え,クリーンな環境を実現する持続可能なUV-Cソリューションを提供するもの。空気,表面,水の浄化と殺菌という成長分野におけるUV-C LEDの産業化を加速するとしている。

その他関連ニュース

  • 【光フェア】カンタム,防止型LED除菌装置を展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】ソウルバイオシス,各種UV LEDを紹介 2022年11月10日
  • 【光フェア】丸文,高出力UVC-LEDを紹介 2022年11月09日
  • ナイトライド,RGBの高効率マイクロLEDを開発 2022年11月02日
  • NICT,8W超の深紫外LEDハンディ照射機を開発 2022年10月28日
  • 京セラ,Si基板上にGaN系微小光源の作製に成功 2022年10月25日
  • ウシオ,皮膚科向け紫外線治療器を発売 2022年10月20日
  • 千葉大,酸化チタン光触媒薄膜ボールでコロナ不活化 2022年10月13日