オンセミのセンサ,デジタルシネマカメラに採用

米オンセミは,ARRIの最新デジタルシネマカメラ「ALEXA 35」向けにカスタマイズした「ハイエンドCMOSセンサ」を開発したと発表した(ニュースリリース)。

このカメラは,オンセミの「ALEV 4 Super 35 4.6KCMOSイメージセンサ」を使用。RGBカラーフィルタを搭載し,6.075µmピッチで4608×3164ピクセル(1460万画素)の解像度と最大120fpsのフレームレートを実現。また,ピクセル応答の最適化,HDR(High Dynamic Range)技術,高速読み出し時のピクセル均一性向上など,オンセミの主力センサに実装されている技術も導入されているという。

独自の高解像度,大画素のイメージセンサと最適化された読み出し技術により,4.6K画像,17ストップのダイナミックレンジを120fpsで実現。今までにない高画質の画像を生み出すとし,ダイナミックレンジの拡張により,1フレームでコントラストの高いシーンを細部まで鮮明に表示できるため,驚異的な画像およびカラー体験が得られるとしている。

2005年に発売された「ARRIFLEX D-20」を皮切りに,2010年6月に納入された初代の「ALEXA」から今年発売された「ALEXA35」まで,ARRIのすべてのデジタルカメラには,オンセミと共同開発したCMOSセンサを搭載。

オンセミは,ARRIと共同で「ALEXA 35」カメラ用のイメージセンサを開発したことは,性能を高めながら低コストで高品質なハイエンドセンサを開発する同社の能力を示すものだとし,ARRIと緊密に協力してきた22年間は,ハイエンドのデジタル画像撮影およびマシンビジョン市場向けにイメージセンサを提供するという,同社の確固たる意志とスキルセットを証明するものだと述べている。

2017年,オンセミのCMOSセンサを搭載したARRIの「ALEXAカメラシステム」は,米国映画芸術科学アカデミーの科学技術賞,テレビアカデミーの科学&エンジニアリング・エミー賞を受賞。また,2021年には米国テレビ芸術科学アカデミー(NATAS)のエミー賞を受賞している。

その他関連ニュース

  • 【OPIE】浜松ホトニクス,MPPCなど新製品が登場 2024年04月24日
  • NTTら,300GHz帯フェーズドアレイ送信機を開発 2024年02月19日
  • 電通大,タンパク質視覚ニューロンで明暗錯視を検出 2023年12月27日
  • オンセミのイメージセンサ,ルネサスのR-Carに搭載 2023年10月24日
  • SSS,1/3型レンズ対応グローバルシャッターセンサ発売 2023年10月19日
  • オンセミ,低消費電力のイメージセンサファミリ発表 2023年10月11日
  • 浜ホト,ハイパースペクトルカメラ用高速センサ開発 2023年10月10日
  • キヤノン,320万画素SPADセンサー搭載カメラ発売 2023年08月10日