慶大,血管内皮増殖因子の近視進行抑制機能を発見

慶應義塾大学の研究グループは,網膜色素上皮由来の血管内皮増殖因子(VEGF)の軸性近視に関わる機能を明らかにした(ニュースリリース)。

近視とは網膜より前方に焦点が結ぶ状態で,多くは眼軸長伸長により進行する軸性近視と呼ばれる。近年の研究により,脈絡膜の厚さと眼軸長の間に負の相関があることから,脈絡膜の厚さの変化が眼軸長伸長の予測バイオマーカーである可能性が示唆されている。しかし,脈絡膜の近視の発症や進行に関与する詳細なメカニズムは明らかになっていない。

脈絡膜は血管が豊富な網膜の外側を覆う組織で,網膜の細胞へ酸素や栄養を供給し,眼の恒常性維持に寄与している。研究では,網膜と脈絡膜の間に位置する網膜色素上皮(RPE)細胞が,血管内皮増殖因子(VEGF)を分泌することで脈絡膜の最も内側に位置する脈絡膜毛細血管板を維持する生理的機能に着目し,眼軸長伸長が引き起こされるメカニズムの解明を目指した。

低密度リポ蛋白受容体関連蛋白2(Lrp2)遺伝子異常は臨床的にも実験的にも強度近視を引き起こすことが知られている。研究では神経網膜ではなく,RPE細胞で特異的にLrp2遺伝子をノックアウトさせるとVegf遺伝子発現が低下し,眼軸が非常に長くなる,つまり近視が進行することを見出した。また,脈絡膜厚の菲薄化が起こることもわかった。

そこで,RPE細胞におけるVegf遺伝子の発現量で屈折度が変化するかを検討すべく,RPE細胞特異的なVegf遺伝子ノックアウトマウスとともにVegf遺伝子発現亢進を促す遺伝子ノックアウトマウスを作成した。

Vegfノックアウトマウスでは脈絡膜毛細血管板の喪失とともに脈絡膜の菲薄化が観察され,眼軸長伸長および屈折度の近視化を示した。一方,Vegfを過剰発現するマウスでは脈絡膜毛細血管板の拡張,脈絡膜の肥厚とともに眼軸長伸長の抑制が見られ,RPE細胞のVegf発現量が脈絡膜厚と眼軸長を規定していることが示唆された。

程度が強い近視(強度近視)では,成人後も眼軸長が伸長し続けることが知られている。強度近視患者の眼軸長伸長程度を検討した結果,脈絡膜毛細血管板が非常に薄い強度近視患者は,脈絡膜毛細血管板が維持されている患者よりも観察期間中,有意に長く眼軸長が伸長した。

これらの成果から研究グループは,VEGFの適切な制御が新たな軸性近視の進行予防と治療法となることが期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 生理研ら,光応答に働く新たな脂質分子を発見 2022年10月13日
  • 京大,ヒトと軟体動物の一種の眼が同様に進化と推測 2022年09月05日
  • 浜松医大,網膜保護物質が光異性化することを発見 2022年07月29日
  • 東北大,眼科検査画像に対するAIモデルを開発 2022年06月16日
  • OIST,網膜神経節細胞の生存に必要な遺伝子を特定 2022年03月23日
  • ニコンら,AI活用の眼底カメラ用プログラム開発 2022年02月15日
  • 阪大ら,発達障害関連遺伝子の視覚への影響を発見 2021年12月08日
  • 岩手大,室内光で応答する光受容タンパク質を開発 2021年10月15日