レーザーライン,3kW青色半導体レーザーを発表

日本でも販売を開始した3kW出力の青色半導体レーザー発振器/

レーザーラインは,市場品としては最大出力となる3kWの青色半導体レーザーを開発し,本格的な販売を開始する。

同社は,加工用高出力半導体レーザーの販売を強めており,焼き入れやクラッディング,溶接などの加工において発振器の採用が増えているが,キロワットクラスの高出力青色半導体レーザーの開発にも注力している。銅材料のレーザー加工要求が高まっている中,そのプロセス開発とともに,青色半導体レーザーの高出力化も不可欠となっている。

今回,同社ではさらに高出力化技術を進展させ,3kWモデルを上市した。主な仕様としてはファイバーコア径が600μm,外径寸法(D×W×H)は650×1022×1080㎜となっている。3kWモデルは東京ビッグサイトで開催された国際ウェルディングショー2022(7月13日~16日 東京ビックサイト)で出展された。

その他関連ニュース

  • パナソニックコネクト,青色DDL加工機を初公開
    パナソニックコネクト,青色DDL加工機を初公開 2022年07月19日
  • 古河電工,ブルー+IRレーザーのヘアピン溶接デモ 2022年07月19日
  • 京大,高出力フォトニック結晶レーザーの設計指針確立 2022年07月07日
  • キヤノン,ガルバノスキャナー3機種を発売 2022年01月18日
  • ウシオ,高出力赤色LDの新シリーズを発売 2022年01月13日
  • パナ,青色レーザー加工機の実証センターを設置 2021年11月26日
  • 古河電工,1kW青色DDL搭載ハイブリッド発振器 2021年11月24日
  • アマダ,小型3kWファイバーレーザー加工機発売 2021年10月26日