エドモンド,EUVオプティクスのラインナップ拡充

エドモンド・オプティクス・ジャパンは極端紫外線(EUV)アプリケーション向け製品として,コヒーレント回折イメージング(CDI),EUVリソグラフィ,ナノマシニング,超短パルスのアト秒パルス生成など,高次高調波発生(HHG)アプリケーションに向けた「極端紫外(EUV)用ダイクロイックフィルター」を追加したと発表した(ニュースリリース)。

ダイクロイックビームスプリッターもしくはビームセパレーターとしても知られるこの製品は,5nm~40nmの広い帯域幅を有し,EUVから近赤外(NIR)の波長にわたって高い分離効率が得られる。このフィルターは合成石英製のため,ブリュースター角のビームセパレーターなど,他の種類のEUV フィルターよりも高いレーザーパワーに対応するという。

また,同社のEUVオプティクスの在庫販売品の中ではもっとも新しい製品であり,ラピッドプロトタイピングのほか,研究開発や製品開発のスピードアップが可能になり,光学システムのインテグレーターはこれまで特注製作に費やしていた長いリードタイムを節約することができるとしている。

さらに同社では,「極端紫外(EUV)用平面ミラー」,「UltraFast Innovations(UFI)EUVアト秒多層膜ミラー」も販売しているという。

その他関連ニュース

  • ラムリサーチ,EUVドライレジストでエコシステム 2022年07月14日
  • エドモンド,EUVアト秒多層膜ミラーを発売 2022年07月04日
  • 名大ら,放射光の時間構造をアト秒精度で制御 2022年06月29日
  • 東大,アクリル板と水で原子レベルの平坦化を実現 2022年03月04日
  • 東大ら,アト秒領域の超高速電子過程を観測 2022年01月06日
  • 日立ハイテク,EUV向け電子線検査システムを開発 2021年12月14日
  • 早大ら,光と原子の位相を分離した測定に成功 2021年12月02日
  • 理研ら,アト秒パルスで1京分の3秒の分子応答観測 2021年08月20日