エドモンド,短納期USB 3.1カメラを販売

エドモンド・オプティクス・ジャパンは,独Allied Vision製「Alvium USB 3.1カメラ」を販売している(ニュースリリース)。

同社は,現在多くの産業界を悩ませているカメラの供給問題にAllied Visionと共同で取り組み,その強力なパートナーシップにより,高性能マシンビジョンカメラの短納期供給が可能になったという。

「Alvium USB 3.1カメラ」は,コンパクトかつ軽量,GenICamとUSB3 Visionに準拠したカメラで,Windows,Linux,Linux ARMシステムにシームレスに統合することが可能。第4世代のPregius Sをはじめとした最新のSonyおよびOnSemiセンサーを搭載している。

このカメラが安定供給可能な理由は,特定用途向け集積回路(ASIC:Application-Specific Integrated Circuits)の採用にあるとする。ASICを採用したことにより,現在深刻なサプライチェーン問題に直面しているFPGA(Field Programmable Gate Array)搭載のカメラと比較して,短納期かつ大量に供給することが可能になったという。

同社では,在庫販売以外のモデルも3~5週間程度で納品可能となっており,他の多くのサプライヤーの納期と比較して大幅な短納期を実現したとしている。

その他関連ニュース

  • IDS,13MP AF搭載カメラを発売 2022年07月04日
  • キヤノン,ネットワークカメラ6機種を発売 2022年05月25日
  • Basler,医療向けビジョンソリューションを発表 2022年05月10日
  • Basler,Fマウントレンズを発表 2022年05月09日
  • オフィール,冷却MWIRカメラ用レンズを発売 2022年05月09日
  • エプソン,色検査の自動化システムを開発 2022年03月08日
  • ADSTEC,高感度TDIラインスキャンカメラ発売 2022年02月17日
  • IDSのカメラ,身体測定システムに採用 2022年02月04日