グローバル・ブレイン,京大PVベンチャーに出資

独立系ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインは,同社が運営する,日揮みらい投資事業有限責任組合は,ペロブスカイト太陽電池を開発する京都大学発ベンチャーのエネコートテクノロジーズへ出資を実行したと発表した(ニュースリリース)。

エネコートテクノロジーズは,京都大学化学研究所若宮研究室で取り組まれてきた研究成果を基に,より高い発電効率と耐久性を併せ持つペロブスカイト太陽電池の開発および製品大型化の製造プロセス技術の確立に取り組んでいる。

同社は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「グリーンイノベーション基金事業/次世代型太陽電池の開発」にスタートアップとして唯一採択されるなど,ペロブスカイト太陽電池の実用化をリードする企業として注目されている。

今回の出資を受け,今後,実用化・社会実装に向けて研究開発を進め,ペロブスカイト太陽電池の主力電源化,カーボンニュートラル達成,超長期的なエネルギー問題解決に貢献することを目指すという。

グローバル・ブレインはエネコートテクノロジーズの高い技術力とペロブスカイト太陽電池の市場ポテンシャルを評価し,今回の出資を決定した。日揮グループと連携してエネコートテクノロジーズの事業成長に貢献していくとしている。

その他関連ニュース

  • 光創成大,光技術ビジネスコンテストを開催 2022年05月25日
  • KDDI,ペロブスカイトスタートアップに出資 2022年03月30日
  • 三菱マテ,ペロブスカイトスタートアップに追出資 2022年03月29日
  • KOALA Tech,有機半導体レーザーで4億円を調達 2021年07月01日
  • 古河電工,新規事業にライフサイエンスを設定 2021年05月25日
  • エプソン,LiDARのスタートアップに投資 2021年05月25日
  • JOLED,中国企業と資本業務提携契約を締結 2020年06月19日
  • IDDK,DNP/東芝/ミスズ工業より資金調達 2020年06月18日