WUV,光/原子量子コンピューターベンチャーに出資

早稲田大学ベンチャーズ(WUV)は8月29日,WUV1号ファンドの第一号案件として,日本初のゲート式量子コンピューター・ハードウェア開発スタートアップである,早稲田大学発の Nanofiber Quantum Technologies(NanoQT)に2億円の創業投資を行なったと発表した(ニュースリリース)。

NanoQTは,早稲田大学理工学術院の青木隆朗教授が発明したナノファイバーQED(量子電気力学)共振器を基盤技術とする。世界での量子コンピュータの研究開発で現在実装できている量子ビット数は,数ビット~100ビット程度に留まっているが,ナノファイバー共振器QED方式を用いると,単一のユニットで1万ビット程度,さらに多数のユニットを接続しネットワーク化することで圧倒的な大規模化を可能にするという。

世界的にも前例のない,ナノファイバー共振器QED方式の量子コンピューターの実現に取り組むために,WUVではNanoQTの創設から支援を行なってきた。今回,米マサチューセッツ工科大学にて量子物理分野で博士号取得し,マッキンゼーアンドカンパニー出身の廣瀬雅氏をCEOとする創業チームを組成した。共同創業者の3名はいずれも英科学誌ネイチャーに筆頭著者として論文掲載の実績がある。

WUVは,今回のNanoQTへの2億円の創業投資により,量子科学分野のトップ研究者を世界中から結集し,既存の超伝導方式やイオントラップ方式を凌ぐ日本発の新方式の量子コンピュータを実現するべく支援していくとしている。

その他関連ニュース

  • 医科歯科大ら,光子と人工原子の量子ビットを交換
    医科歯科大ら,光子と人工原子の量子ビットを交換 2024年05月24日
  • 古河電工,MFオプテックスの株を三菱電線より取得 2024年05月07日
  • 理研,シリコン量子ビットの高精度読み出しを実現 2024年02月14日
  • 東大,電子とテラヘルツ電磁波の強結合状態を実現 2024年02月14日
  • 東大,量子コンピューター2種の時間発展を比較 2023年12月05日
  • 東大,テラヘルツと電子の強結合状態を高感度検出 2023年11月09日
  • 中央大,光格子中の量子エンタングルメントに知見 2023年11月02日
  • 産総研ら,超伝導量子ビットを光で初期化 2023年10月31日