PRIMESの金属3Dプリンタ用モニタ,AKLで受賞

独PRIMESは,同社の「スキャンフィールドモニタ」(SFM)が,International Laser Technology Congress(AKL’22)において,Innovation Award Laser technologyを受賞したと発表した(ニュースリリース)。

AKLは,Fraunhofer Institute for Laser Technology ILTが主催するヨーロッパにおける主要な技術フォーラムで,レーザー技術の現状と展望について,ユーザー,メーカー,開発者が意見交換する場となっている。

Innovation Award Laser technologyは2年に1度,レーザー技術の革新を先導したレーザーメーカーやユーザー,研究開発者に贈られる。前回はコロナにより表彰が見送られたが,今回は2020年の受賞者である独TRUMPFと共に5月4日,アーヘン市庁舎の戴冠式ホールで表彰式が行なわれた。

受賞した「SFM」は,金属 3Dプリンタ(AM)に対応した計測システム。 表面均一性,ピンクッション歪み,スキャンスピード,スキャン位置精度,ビーム径,フォーカスシフトなど,3D造形前の動作確認に不可欠なすべてのパラメータを1台で,3秒程度で計測できるとしている。

その他関連ニュース

  • NIMSら,レーザー3Dプリンタで単結晶造形に成功 2022年06月23日
  • ブイテク子会社ら,センサーで丹羽高柳賞を受賞 2022年06月21日
  • コニカミノルタ,MI/PIによる蛍光粒子開発で受賞 2022年06月14日
  • 古河電工,通信光源で電子情報通信学会業績賞受賞 2022年06月14日
  • 東ソーら,有機EL用電子輸送材料で「井上春成賞」 2022年06月13日
  • 発明協会,令和4年度全国発明表彰の受賞者を発表 2022年06月07日
  • 東北大ら,AMでCFRPとチタン合金を高強度接合 2022年05月26日
  • 三菱電機,人工衛星で造形する3Dプリンタ技術開発 2022年05月24日