PRIMESの金属3Dプリンタ用モニタ,AKLで受賞

独PRIMESは,同社の「スキャンフィールドモニタ」(SFM)が,International Laser Technology Congress(AKL’22)において,Innovation Award Laser technologyを受賞したと発表した(ニュースリリース)。

AKLは,Fraunhofer Institute for Laser Technology ILTが主催するヨーロッパにおける主要な技術フォーラムで,レーザー技術の現状と展望について,ユーザー,メーカー,開発者が意見交換する場となっている。

Innovation Award Laser technologyは2年に1度,レーザー技術の革新を先導したレーザーメーカーやユーザー,研究開発者に贈られる。前回はコロナにより表彰が見送られたが,今回は2020年の受賞者である独TRUMPFと共に5月4日,アーヘン市庁舎の戴冠式ホールで表彰式が行なわれた。

受賞した「SFM」は,金属 3Dプリンタ(AM)に対応した計測システム。 表面均一性,ピンクッション歪み,スキャンスピード,スキャン位置精度,ビーム径,フォーカスシフトなど,3D造形前の動作確認に不可欠なすべてのパラメータを1台で,3秒程度で計測できるとしている。

その他関連ニュース

  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • ニコン,補修用金属AM装置と3Dスキャナーを発売 2024年04月09日
  • 第16回レーザー学会産業賞が決定 2024年04月02日
  • 日本学士院,日本学士院賞授賞を光研究2件に授与 2024年03月13日
  • セブンシックス,パルスレーザーで発明功労賞を受賞 2024年03月13日
  • 三菱電機,半導体レーザーで大河内記念生産賞を受賞 2024年03月01日
  • 島根大ら,DEDで形成される空孔のメカニズムを解明 2024年02月29日
  • Optica,伊賀健一氏にアイヴス・クイン賞を授与 2024年02月26日