北大ら,細胞の活性を制御する光分子スイッチ開発

北海道大学と情報通信研究機構(NICT)は,生体内のエネルギーの流れを自由に制御する光分子スイッチの開発に成功した(ニュースリリース)。

最近,薬の副作用を低減させるために,光の作用で薬効を可逆的にスイッチしうる新しいタイプの薬及び治療法が着目されている。

そのような新しい薬を用いることで,がん細胞のみに一定の波長の光を照射して薬効を発現させてがん細胞を死滅させ,その後,薬剤が正常細胞へと拡散した後は,別の波長の光で薬効を消滅させることができ,その結果,副作用のないがん治療を実現できる。

今回は,細胞が増殖する際のエネルギー源となる物質,アデノシン三リン酸(ATP)に着目し,酵素中でATPと競争的に取り込まれて,ATPの働きを阻止して,細胞の活動を停止する物質を開発した。

その物質は光によって可逆的に分子構造が変化するアゾベンゼンという部位を有しているため,光の作用で行き来しうる性質が異なる2つの状態を示す。

青色光照射後の状態ではATPに対する阻害効果を発揮するが,紫外光照射後は阻害効果が消失した。そのATPに対する光応答的な阻害効果は,ATPの作用で機能するタンパク質の実験やATPを使って活動する微生物の実験で確認した。

微生物クラミドモナスの実験では,青色光照射後では,クラミドモナスが阻害剤の作用でほとんど動かず,紫外線照射後には阻害剤の活性が消失し,クラミドモナスが鞭毛を使って活発に運動した。

以上より,今回設計・合成した物質がATPのエネルギーを利用するタンパク質の働きを光で自由にON-OFF制御でき,その効果は個体レベルの機能にまで反映されることが示された。

このような物質は,ATPをエネルギー源とするあらゆる細胞の活動の光制御に応用できると考えられることから,研究グループは,光薬理学の今後の発展に大きく寄与すると考えられるとしている。

その他関連ニュース

  • 関医大ら,光免疫療法の新規標的分子を確認 2022年06月23日
  • 北大,低侵襲の留置が可能なX線マーカーを開発 2022年04月28日
  • 名大ら,大腸内視鏡AI医療機器の精度を実証 2022年04月18日
  • 名大ら,X線のDNA損傷を金ナノ粒子が増強と確認 2022年04月11日
  • 市大ら,卵巣がんを可視化する蛍光色素を開発 2022年03月30日
  • JAISTら,ナノ複合化細菌によるがん光治療を開発 2022年02月21日
  • 楽天メディカルら,米で光免疫療法の被験者登録 2022年02月16日
  • 京大,NK細胞による転移がん細胞殺傷を可視化 2022年02月07日