SMJら,構造色を8Kの3DCGで表現する手法を開発

シャープマーケティングジャパン(SMJ)と法政大学は,構造色を高精細8Kの3DCGで表現する手法を開発した(ニュースリリース)。

構造色とはは,物体表面の微細な構造によって特定の波長範囲の光が反射されることによる発色現象。見る角度や光の当たり方によって色が変化して見えるのが特徴で,タマムシの外殻やアワビの貝殻,シャボン玉などで見られる。

シャープとSMJは,美術品や工芸品,文化財などを8K解像度で3DCG化し,8Kディスプレー上で細部まで鑑賞できる「8Kインタラクティブミュージアム」を開発。これまで,8Kによる表現力を文化・教育領域で応用し,茶碗や仏像などの鑑賞ソリューションを提案してきた。

今回研究グループは,市販の油滴天目茶碗を用い,表面の微細構造による光の干渉を分析した。これは,特殊な技法で焼き上げることで,鉄を主成分とした鉱物が結晶化し,器の内外に油の滴のような小さい斑点模様が見られる茶碗。

研究グループは,光の当たり方で変化する色の再現方法について検証を繰り返し,3DCGで構造色を表現する手法を開発した。これにより,構造色を含むコンテンツの開発が可能となり,8Kの表現力が向上するとしている。

その他関連ニュース

  • アストロデザイン,色域評価システムを発売 2022年05月24日
  • 神大,ケイ素ナノ粒子で高耐候性構造色インク開発 2022年05月11日
  • 富士フイルム,構造色をインクジェットで印刷 2022年03月24日
  • 2030年TV世界市場,43.4%増の24兆9,700億円 2022年01月25日
  • 国がんら,8K遠隔腹腔鏡手術の有用性を確認 2021年11月02日
  • 神大,変色・退色しない構造色インク材料を開発 2021年11月02日
  • ドコモ,視野角120度VRスマホヘッドセット発売 2021年10月27日
  • キヤノン,VR映像撮影システムを発表 2021年10月18日